Open menu button

会長挨拶

法人の基本理念

  

基本理念

美しい四季の彩りを織りなす南庄内において、今日まで、それぞれの歴史と地域特性から住民と歩んできた様々な福祉活動があります。

鶴岡市社会福祉協議会では、これらの地域福祉活動を大切に考え、個々の人権を尊重しながら、行政並びに関係団体と協働し、あらゆる社会資源をつなぎ、お互いにささえあう安心した暮らしと優しさを育む福祉のまちを創るため、ここに基本理念を掲げます。

これは、鶴岡市社会福祉協議会が、今日までそれぞれの歴史と地域特性から住民とともに歩んできた様々な地域福祉活動を大切に考え、新しい時代に相応しいまちづくりを進めるために、お互いにささえあう姿勢を表現したものです。

常にこの基本理念をこころがけ、これまで進めてきた福祉活動と福祉サービスを低下させることなく、将来に向けて量的に増加し、質的に高度化・多様化する市民ニーズを受け止めることのできる社会福祉協議会を目指していきたいと考えます。

 

会長挨拶

  

写真

  

去る6月28日に難波玉記前会長のあとを受け、会長を務めさせていただくこととなりました。もとより若輩でありますので皆様のご指導とご鞭撻をよろしくお願い申し上げます。

鶴岡市社会福祉協議会は、合併前の旧鶴岡市社協の時代を含め六五年の長い歴史を有しておりますが、この間一貫して社協が取組んできたことは、市民の福祉の心の醸成です。人と人との縁が薄らぎつつある現代こそ、人々が「つどい」、そこで「つうじあい」、「つながりあって」生活問題の解決に取組み、その活動を「つむいで」行く地域福祉活動が、ますます重要になると存じます。

引き続き、皆様と共に、心通う地域づくり、「おだがいさまのまちづくり」を、全力を挙げて進めて参りますので、ご理解とご協力をお願い申し上げます。

鶴岡市社会福祉協議会
会長 山 木 知 也

Copyright © 2007 鶴岡市社会福祉協議会 All Rights Reserved.